ある ちいさな まち 朝地 そこから はじまる story
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 朝地のものがたり・・ | main | 打ち合わせの後・・ >>
すべては・・・


まちは小さい。。

けれど大きな志と

飾らないあたたかさがあるならば

私はこの町に出かけたいと思います。


あるイベントに出かける。。

一番心に残るのは

やっぱり人。


飲んで食べても人。

観て楽しんでも人。

やっぱり人^^

私は隣町・・

朝地って、こんなよさに溢れている気がする。。


もっと多くの人に出逢って学びたい。

それに向けてのちいさなイベントを計画してます。。












スポンサーサイト

自然よし、人よし。
朝地町は小さいけど美しい田舎。。。。。

隣町の草刈さん「ありがとうございます」



(わ) | 2011/06/24 13:18
自分の住むまちが案外見えてなかったりしますね^^ていうか・・このごろ朝地が妙に好きになってきました。
草刈 | 2011/06/24 14:18
有難いことです。

それにしても、
一瞬の雨。逃がさないセンスはさすが!!!

「田舎っていいなぁ〜」(和風総本家風に。。)

(わ) | 2011/06/24 14:56
研修のバスの中で年齢、性別を超えてみんながつながっていく風景。

草刈さんの輪と朝地の人の輪が重なって
新しい輪ができていく。

体験をお話しいただいた「志保屋」の後藤社長、
一の宮のお店の素敵な店主の方々。知らない世界を見せて頂きました。ありがとうございました。


(わ) | 2011/06/27 21:49
COMMENT









Trackback URL
http://asajimachi.jugem.jp/trackback/4
TRACKBACK